リボルビングの仕組み|即日融資も可能!カードローンで生活を楽にしよう

リボルビングの仕組み

Array

カードローンを利用する際にはどうやって返済していくのか?という話をしていきたいと思います。
まず基本的にはどの金融機関のカードローンを利用するのかによって変わってきます。
ただ一般的によくある返済方法は「リボルビング払い」となっている状況です。
ただリボルビング払いについては利用したことない人からするとややこしいですよね。

リボルビング払いというのは要するに毎月どれくらい利用したのかによって、支払金額が決定されるといったものになります。
カードローンの場合は限度額範囲内であればいくらでも利用できるので、まさにリボルビング払いが主流になっているといっても過言ではありません。
ただ細かくいうとリボルビング払いにもいくつかの方式が存在します。

基本は「定率リボルビング」「定額リボルビング」「残高スライド定率リボルビング」「残高スライド定額リボルビング」の4つです。
そしてさらにいうと金利を合わせてから分割するのかや、元金を分割してから金利を合わせるのかといったパターンに分かれます。

たとえば元利定額のリボルビング払いの場合は、締め日の段階で使った総額に金利を足した金額から、いって金額が支払われる返済方法となります。
この場合は毎月ごとの支払いが一定になるので、一番返済しやすい形となるでしょう。
ただし返済額には利息が含まれているので、元金返済額が少しわかりにくいです。

そして元金定額のリボルビング払いについては、元金の返済額が月々一定で、さらに締め日時点の使った総額から計算した利息を足して返済していきます。
こちらは常に支払額が変動するので、借り始めは利息も多くなってしまいますし返済の負担が大きくなるのが特徴です。